機種別

故障別

iPhone5s 修理

iPhone5s

iPhone5s 修理料金

フロントパネル交換 4,980円(税込:5,478円) 詳細ページ
バックパネル交換 6,980円(税込:7,678円) 詳細ページ
バッテリー交換 2,980円(税込:3,278円) 詳細ページ
ホームボタン交換 3,480円(税込:3,828円) 詳細ページ

修理方法

  • フロントパネル交換
  • バックパネル交換
  • バッテリー交換
  • ホームボタン交換
  • iPhone5s フロントパネル交換 解説動画

    iPhone5s フロントパネル交換 解説写真

    • ステップ1 下部ネジの取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 修理を開始される前に、必ず本体の電源をお切りください。 ※)電源を切らずに作業されると、本体不良や思わぬ事故につながる可能性がございます。 iPhone下部・ドックコネクタの両側にあるネジを取り外しください。 (このネジは星形のドライバーにて取り外します。以後、星形のドライバーは利用致しません。)
    • ステップ2 フロントパネル取り外し1

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 吸盤をホームボタンのやや上に取り付け、取り外しを行っていきます。 フロントパネルは比較的開けるのに力を要しますので、しっかりと吸盤の取り付けを行ってください。 ※)フロントパネルが割れてしまっている際は、梱包テープなどを表面に貼り付け、空気が入らないようにしてから取り外しを行っていきます。
    • ステップ3 フロントパネル取り外し2

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 吸盤で取り付けを行い、上に力をかけていくと、iPhone本体とパネルの中間に若干の隙間が生じます。 iPhone下部左側(写真で言うと、下側)に、比較的隙間が生じやすいので、生じた隙間にプラスチックツールを差し込みます。 このステップでは、写真程度の隙間を浮かせることを念頭に作業を行ってください。 【注意】 次のステップで内部のケーブルなどを取り外していくため、無理に取り外しを行うと破損の可能性がございます。慎重に作業を行ってください。
    • ステップ4 フロントパネル取り外し3

      ステップ4 フロントパネル取り外し3 この段階では、フロントパネルと本体側にケーブルがつながっているため、完全にはバックパネルから取り外しません。 この時点で吸盤を利用することはなくなりますので、吸盤の端の突起物から吸盤を取り外していきます。
    • ステップ5 フロントパネル取り外し4

      ステップ5 フロントパネル取り外し4 フロントパネルを写真程度浮かしますと、中にホームボタン用のケーブルが見えてきます。 隙間からプラスチックツール・ピンセットを差し込み、取り外しを行っていきます。
    • ステップ6 フロントパネル取り外し5

      ステップ6 フロントパネル取り外し5 コネクタを取り外した後、より開いていきます。 この際に、iPhone上部はまだケーブルが繋がれておりますので、写真のようにiPhone下部のみを浮かし90度にするようにします。
    • ステップ7 ネジ取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 ブラケットに付いているネジ2つを取り外します。
    • ステップ8 ブラケット取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し ネジを取り外し後、ブラケットを本体から取り外します。
    • ステップ9 バッテリーコネクタ取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 プラスチックツールの後ろ側を使用し、バッテリーのコネクタ部分を本体から取り外します。 この際に、ロジックボードに付いているソケットごと取り外さないように注意をしてください。 ※)この作業は、今後その他の部品などの取り外しなどを行っていく際に、通電によるリスクを少しでも下げるために行っております。 そのため、バッテリー本体を丸ごと取り外さず、コネクタのみを外す形となります。
    • ステップ10 ネジ取り外し1

      ステップ7 ネジ取り外し 1 フロントパネルを手で支えながら90度にした状態で、左のネジを取り外していきます。  1.7mmネジ × 2  1.2mmネジ  1.3mmネジ ※)後ほどネジを戻すときのために、必ずそれぞれのネジを戻す場所を正確に記録しておいてください。 組み立ての際にネジの取り付け場所を間違えてしまうと、ロジックボードにまでダメージが及んでしまい、iPhone自体が壊れてしまいます。
    • ステップ11 プレート取り外し

      ステップ8 プレート取り外し ネジ取り外し後、ケーブルブラケットを取り外します。
    • ステップ12 ケーブル取り外し

      ステップ9 ケーブル取り外し フロントカメラセンサーケーブルを取り外していきます。
    • ステップ13 デジタイザーケーブル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し デジタイザーケーブルを取り外します。
    • ステップ14 LCDケーブル取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 LCDケーブルを取り外します。
    • ステップ15 フロントパネル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 全てのケーブルが外れていることを確認し、フロントパネルをリアケースから取り外します。
    • ステップ16

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 ブラケットを固定している下記2つのネジを取り外します。  4.0mmネジ  2.3mmネジ ※)組み立ての際に、この2つのネジの取り付けは絶対に間違わないようご注意ください。 仮に間違えて取り付けてしまいますと、本体に深刻なダメージが生じる可能性があります。
    • ステップ17

      ステップ1 下部ネジの取り外し プラスチックツールを使い、図の部分を左に押しスピーカーブラケットを取り外していきます。 ひっかかっている部分を外すのみですので、無理な力をかけないようご注意ください。
    • ステップ18

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 17のステップでブラケットの取り外しが行われたことを確認し、ピンセットで取り外していきます。 ひっかかりを解除すれば力は一切いりませんので、特に力を入れず取り外してください。
    • ステップ19

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 前ステップに引き続き取り外します。
    • ステップ20

      ステップ4 フロントパネル取り外し3 ブラケットを取り外した後、イヤースピーカーを取り外します。 ※)この際に、指で取り外しを行う場合は金の部分に触れないよう注意をしてください。 金の部分に触れてしまいますと、油・汚れにより正常な接続が妨害されてしまいます。
    • ステップ21

      ステップ5 フロントパネル取り外し4 フロントカメラケーブルの取り外しを行っていきます。 粘着などが強くてなかなか外れない際は、ドライヤーなどで温めていただくとスムーズに外すことが可能になります。
    • ステップ22

      ステップ6 フロントパネル取り外し5 21のステップに引き続きフロントカメラケーブルをパネルから取り外していきます。
    • ステップ23

      ステップ1 下部ネジの取り外し 前工程までを完了させると、こちらの画像のようにフロントカメラがフロントパネルから離れた状態となります。 また、他社様などの紹介では、写真左部分のシールを剥がす表記などございますが、外さなくても問題なく修理可能ですので、弊社でははずさない手順にてご紹介しております。
    • ステップ24

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 ホームボタンケーブルを固定している左のネジを取り外します。 ネジがホームボタンのパーツと一体となっているため、固定されている部分からのみ取り外し、 他のパーツと一緒に付いたままの状態にします。 ※)【互換パーツを利用し、組み直しを行っている方】 互換パーツをご利用の際は、このネジの部分がございません。 特に問題はないので、そのままお戻しください。
    • ステップ25

      ステップ1 下部ネジの取り外し ネジを回し終えます。
    • ステップ26

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 プラスチックツールを利用し、ホームボタンケーブルを手前側に外していきます。
    • ステップ27

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 写真の位置にまでケーブルを動かします
    • ステップ28

      ステップ4 フロントパネル取り外し3 ホームボタンブラケットをとめている下記2つのネジを取り外します。
    • ステップ29

      ステップ5 フロントパネル取り外し4 ネジを取り外した後、ホームボタンブラケットを本体から取り外します。
    • ステップ30

      ステップ6 フロントパネル取り外し5 写真において、ホームボタン右側のケーブル部分の下にプラスチックツールを潜り込ませ、徐々に浮かせていきます。
    • ステップ31

      ステップ7 ネジ取り外し 1 徐々に部品を取り外していきます。 ※)ケーブルにキズがつきやすい部分であるため、丁寧に作業を行います。 また、この時点ではまだホームボタンの取り外しは行いません。
    • ステップ32

      ステップ7 ネジ取り外し 1 ホームボタンに付随する部分が全てパネルから取り外されていることを確認し、ホームボタンをフロントパネル表面から押し上げていきます。 この際に、左側から押し上げていくと、他の部分に干渉を受けず開けやすくなります。 この時点ではホームボタンは全て外さず、プラスチックツールを入れるための穴を開けることを念頭に押していきます。
    • ステップ33

      ステップ7 ネジ取り外し 1 ホームボタンの上に、ひっかけられるポイントが出来た段階でプラスチックツールを差し込みます。 差し込んだ後、手前側に引き上げていき、ホームボタンの取り外しを行います。
    • ステップ34

      ステップ7 ネジ取り外し 1 以上でホームボタンの取り外しが完了します。
    • ステップ35

      ステップ7 ネジ取り外し 1 フロントパネル背面についている、図の下記ネジを取り外します。 ● 2.7mmネジ
    • ステップ36

      ステップ7 ネジ取り外し 1 LCDフレームを取り外すため、下記2つのネジを取り外します。
    • ステップ37

      ステップ7 ネジ取り外し 1 LCDフレームを取り外すため、下記2つのネジを取り外します。
    • ステップ38

      ステップ7 ネジ取り外し 1 LCDフレームを取り外し、完了です。
  • iPhone5s バックパネル交換 解説写真

    • ステップ1 下部ネジの取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 修理を開始される前に、必ず本体の電源をお切りください。 ※)電源を切らずに作業されると、本体不良や思わぬ事故につながる可能性がございます。 iPhone下部・ドックコネクタの両側にあるネジを取り外しください。 (このネジは星形のドライバーにて取り外します。以後、星形のドライバーは利用致しません。)
    • ステップ2 フロントパネル取り外し1

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 吸盤をホームボタンのやや上に取り付け、取り外しを行っていきます。 フロントパネルは比較的開けるのに力を要しますので、しっかりと吸盤の取り付けを行ってください。 ※)フロントパネルが割れてしまっている際は、梱包テープなどを表面に貼り付け、空気が入らないようにしてから取り外しを行っていきます。
    • ステップ3 フロントパネル取り外し2

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 吸盤で取り付けを行い、上に力をかけていくと、iPhone本体とパネルの中間に若干の隙間が生じます。 iPhone下部左側(写真で言うと、下側)に、比較的隙間が生じやすいので、生じた隙間にプラスチックツールを差し込みます。 このステップでは、写真程度の隙間を浮かせることを念頭に作業を行ってください。 【注意】 次のステップで内部のケーブルなどを取り外していくため、無理に取り外しを行うと破損の可能性がございます。慎重に作業を行ってください。
    • ステップ4 フロントパネル取り外し3

      ステップ4 フロントパネル取り外し3 この段階では、フロントパネルと本体側にケーブルがつながっているため、完全にはバックパネルから取り外しません。 この時点で吸盤を利用することはなくなりますので、吸盤の端の突起物から吸盤を取り外していきます。
    • ステップ5 フロントパネル取り外し4

      ステップ5 フロントパネル取り外し4 フロントパネルを写真程度浮かしますと、中にホームボタン用のケーブルが見えてきます。 隙間からプラスチックツール・ピンセットを差し込み、取り外しを行っていきます。
    • ステップ6 フロントパネル取り外し5

      ステップ6 フロントパネル取り外し5 コネクタを取り外した後、より開いていきます。 この際に、iPhone上部はまだケーブルが繋がれておりますので、写真のようにiPhone下部のみを浮かし90度にするようにします。
    • ステップ7 ネジ取り外し1

      ステップ7 ネジ取り外し 1 フロントパネルを手で支えながら90度にした状態で、左のネジを取り外していきます。  1.7mmネジ × 2  1.2mmネジ  1.3mmネジ ※)後ほどネジを戻すときのために、必ずそれぞれのネジを戻す場所を正確に記録しておいてください。 組み立ての際にネジの取り付け場所を間違えてしまうと、ロジックボードにまでダメージが及んでしまい、iPhone自体が壊れてしまいます。
    • ステップ8 プレート取り外し

      ステップ8 プレート取り外し ネジ取り外し後、ケーブルブラケットを取り外します。
    • ステップ9 ケーブル取り外し

      ステップ9 ケーブル取り外し フロントカメラセンサーケーブルを取り外していきます。
    • ステップ10 デジタイザーケーブル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し デジタイザーケーブルを取り外します。
    • ステップ11 LCDケーブル取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 LCDケーブルを取り外します。
    • ステップ12 フロントパネル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 全てのケーブルが外れていることを確認し、フロントパネルをリアケースから取り外します。
    • ステップ13 ネジ取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 ブラケットに付いているネジ2つを取り外します。
    • ステップ14 ブラケット取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し ネジを取り外し後、ブラケットを本体から取り外します。
    • ステップ15 バッテリーコネクタ取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 プラスチックツールの後ろ側を使用し、バッテリーのコネクタ部分を本体から取り外します。 この際に、ロジックボードに付いているソケットごと取り外さないように注意をしてください。
    • ステップ16

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 SIMカードを取り外すために、SIMオープナーを図の位置に差し込みます。 奥を押しこむことにより、SIMカードのトレイが出てきます。
    • ステップ17

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 SIMトレイが出て来たら、手で取り外していきます。 ※再度取り付けの際には、向きを間違えないようお気をつけ下さい。
    • ステップ18

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールを使い、図のケーブルをロジックボードから取り外していきます。 ※取り外しの際に、ロジックボード全体を取り外さないようご注意ください。 ロジックボードごと壊してしまいますと、コネクター全体が壊れてしまいます。
    • ステップ19

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールを使い、ライトニングコネクターケーブルをロジックボードから取り外します。
    • ステップ20

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ステップ19で外したケーブルを、図の位置に固定します。
    • ステップ21

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 アンテナケーブルをロジックボードから取り外します。
    • ステップ22

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールを使い、リアカメラケーブルをロジックボードから取り外します。
    • ステップ23

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図にあるテープを取り外します。
    • ステップ24

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 下記3種類のネジを取り外します。  2.4mmネジ  2.3mmネジ  2.8mmネジ ※後ほど組み直す際に、長さを間違えないようご注意ください。
    • ステップ25

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールを使い、手でつかめる高さまでロジックボードをあげます。
    • ステップ26

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ロジックボードを優しく掴みます。 この際に、端子などに触れないよう気をつけてください。
    • ステップ27

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ロジックボードを図のような角度にします。 ※この時点では裏にアンテナケーブルがまだ付いているため、絶対に無理に外さないでください。 無理に取り外しますと、故障の原因となります。
    • ステップ28

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールを使い、図のアンテナケーブルを取り外します。
    • ステップ29

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 全ての端子が取り外しされていることを確認し、ロジックボードをiPhone本体から取り外します。
    • ステップ30

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 リアカメラ近くにある写真の部品を取り外します。
    • ステップ31

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 他の工程でも取り外しは可能なのですが、部品が小さいため紛失のリスクが高くなっています。 紛失のリスクを減らすためにも、こちらで取り外しを行います。
    • ステップ32

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ピンセットを使い、図にあるゴム製のカメラカバーを掴みます。
    • ステップ33

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図のように、作業のジャマにならない位置に動かします。 ※)この際に、全てを取り除かないようご注意ください。 カバーをリアケースと一体のため、無理に取り外すと故障の原因となります
    • ステップ34

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 リアケースからリアカメラを取り外します。
    • ステップ35

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図の部品を取り外します。
    • ステップ36

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 リアカメラブラケット固定している下記ネジを取り外します。
    • ステップ37

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 リアカメラブラケットをリアケースから取り外します。
    • ステップ38

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 バッテリーと本体の間にプラスチックツールを走らせ、タブを取り出していきます。
    • ステップ39

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 上のステップに引き続き、タブを取り出します。
    • ステップ40

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 タブがある程度出てきたら、ピンセット・指などを使い全面的に外に出るようにします。
    • ステップ41

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 タブを指で掴みながら、図のように中央部分をハサミで切っていきます。
    • ステップ42

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 タブを掴んだ上で、図のように斜め上に力を込めながら外していきます。
    • ステップ43

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 バッテリーの角などで特に切れやすいので、ご注意ください。
    • ステップ44

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 バッテリーの側面に沿いながら、引き続き取り外していきます。
    • ステップ45

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 引き続き取り外します。
    • ステップ46

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図の位置まで来ましたら、ひとまず完了です。 次のステップで、逆側のタブにとりかかりましょう。
    • ステップ47

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 逆側のタブを外したのと同じ容量で、タブを取り外していきます。
    • ステップ48

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 継続して取り外していきます。
    • ステップ49

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 バッテリーの取り外しが完了します。
    • ステップ50

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 下記2つのネジをブラケットから取り外します。  1.7mmネジ  2.5mmネジ
    • ステップ51

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ピンセットを使い、バイブレーターブラケットを取り外します。
    • ステップ52

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 バイブレーターをリアケースに取り付けている図のネジを取り外します。  1.7mmネジ
    • ステップ53

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ピンセットを使い、バイブレーターをリアケースより取り外します。
    • ステップ54

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ボリュームボタン及び、スイッチブラケットをリアケースに取り付けている下記2つのネジを取り外します。  1.9mmネジ  1.6mmネジ
    • ステップ55

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールを利用して、リアケースのサイドよりスイッチブラケットを取り外します。
    • ステップ56

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 リンガースイッチを取り外します。
    • ステップ57

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 リアケースのサイドより、ボリュームボタンブラケットを取り外します。 (ステップ57~58に続く形で取り外しを行います。)
    • ステップ58

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図のように、ボリュームボタンを取り出せるようブラケットを取り外します。
    • ステップ59

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ボリュームボタンを取り外します。
    • ステップ60

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ピンセットを使い、カメラ部分にあるラバーを図の位置にまで動かします。
    • ステップ61

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 下記ネジを取り外します。  1.3mmネジ
    • ステップ62

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ブラケットに接しているロジックボードを取り外します。
    • ステップ63

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 下記ネジを取り外します。  2.1mmネジ
    • ステップ64

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 コンタクトクリップをiPhoneから取り外します。
    • ステップ65

      ステップ3 フロントパネル取り外し2
    • ステップ66

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールのフラットな面を使って、リアケースからケーブルを図のように取り外していきます。
    • ステップ67

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図の様に取り外しを行います。
    • ステップ68

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図の様に取り外しを行います。
    • ステップ69

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図の様に取り外しを行います。
    • ステップ70

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールの角を使い、図のように部品を浮かします。
    • ステップ71

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 フラッシュが穴から出ていない場合、プラスチックツールの端を使って取り外します。
    • ステップ72

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールの角を使い、ケースから図の部品を取り外します。
    • ステップ73

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図のように取り外します。
    • ステップ74

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ピンセットを使い、パワー・スリープボタンを取り外します。
    • ステップ75

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 引っかかっている部分がないことを確認し、パワーボタンを外から押し出し、図のように中へと入れていきます。
    • ステップ76

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 ボタンの取り外しに成功をしたら、ピンセットを使い、完全に取り外します。
    • ステップ77

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図のように取り出します。
    • ステップ78

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 iPhoneから図のケーブルを取り外します。このケーブルはとてもデリケートなため、取り外しのタイミングで違和感を感じられたら取り外しを一度やめ、プラスチックツールで引っ掛かりを外すようにしましょう。
    • ステップ79

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 下記のネジを取り外します。  2.9mmネジ  1.5mmネジ  3.1mmネジ  3.6mmネジ  3.4mmネジ
    • ステップ3 フロントパネル取り外し2スピーカーをリアケースより取り外します。
    • ステップ81

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図のようにスピーカーを取り外してください。
    • ステップ82

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 プラスチックツールのフラットな部分を滑らせて、ライトニングコネクターケーブルを取り外していきます。
    • ステップ83

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 写真を参考に取り外していきます。
    • ステップ84

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 写真を参考に取り外していきます。
    • ステップ85

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 コネクターケーブルがくっついていないことを確認し、リアケースより取り外します。
    • ステップ86

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図のワッシャーを取り外します。
    • ステップ87

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 図のブラケットを取り外します。
  • iPhone5s バッテリー交換 解説動画

    iPhone5s バッテリー交換 解説写真

    • ステップ1 下部ネジの取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 修理を開始される前に、必ず本体の電源をお切りください。 ※)電源を切らずに作業されると、本体不良や思わぬ事故につながる可能性がございます。 iPhone下部・ドックコネクタの両側にあるネジを取り外しください。 (このネジは星形のドライバーにて取り外します。以後、星形のドライバーは利用致しません。)
    • ステップ2 フロントパネル取り外し1

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 吸盤をホームボタンのやや上に取り付け、取り外しを行っていきます。 フロントパネルは比較的開けるのに力を要しますので、しっかりと吸盤の取り付けを行ってください。 ※)フロントパネルが割れてしまっている際は、梱包テープなどを表面に貼り付け、空気が入らないようにしてから取り外しを行っていきます。
    • ステップ3 フロントパネル取り外し2

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 吸盤で取り付けを行い、上に力をかけていくと、iPhone本体とパネルの中間に若干の隙間が生じます。 iPhone下部左側(写真で言うと、下側)に、比較的隙間が生じやすいので、生じた隙間にプラスチックツールを差し込みます。 このステップでは、写真程度の隙間を浮かせることを念頭に作業を行ってください。 【注意】 次のステップで内部のケーブルなどを取り外していくため、無理に取り外しを行うと破損の可能性がございます。慎重に作業を行ってください。
    • ステップ4 フロントパネル取り外し3

      ステップ4 フロントパネル取り外し3 この段階では、フロントパネルと本体側にケーブルがつながっているため、完全にはバックパネルから取り外しません。 この時点で吸盤を利用することはなくなりますので、吸盤の端の突起物から吸盤を取り外していきます。
    • ステップ5 フロントパネル取り外し4

      ステップ5 フロントパネル取り外し4 フロントパネルを写真程度浮かしますと、中にホームボタン用のケーブルが見えてきます。 隙間からプラスチックツール・ピンセットを差し込み、取り外しを行っていきます。
    • ステップ6 フロントパネル取り外し5

      ステップ6 フロントパネル取り外し5 コネクタを取り外した後、より開いていきます。 この際に、iPhone上部はまだケーブルが繋がれておりますので、写真のようにiPhone下部のみを浮かし90度にするようにします。
    • ステップ7 ネジ取り外し1

      ステップ7 ネジ取り外し 1 フロントパネルを手で支えながら90度にした状態で、左のネジを取り外していきます。  1.7mmネジ × 2  1.2mmネジ  1.3mmネジ ※)後ほどネジを戻すときのために、必ずそれぞれのネジを戻す場所を正確に記録しておいてください。 組み立ての際にネジの取り付け場所を間違えてしまうと、ロジックボードにまでダメージが及んでしまい、iPhone自体が壊れてしまいます。
    • ステップ8 プレート取り外し

      ステップ8 プレート取り外し ネジ取り外し後、ケーブルブラケットを取り外します。
    • ステップ9 ケーブル取り外し

      ステップ9 ケーブル取り外し フロントカメラセンサーケーブルを取り外していきます。
    • ステップ10 デジタイザーケーブル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し デジタイザーケーブルを取り外します。
    • ステップ11 LCDケーブル取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 LCDケーブルを取り外します。
    • ステップ12 フロントパネル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 全てのケーブルが外れていることを確認し、フロントパネルをリアケースから取り外します。
    • ステップ13 ネジ取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 ブラケットに付いているネジ2つを取り外します。
    • ステップ14 ブラケット取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し ネジを取り外し後、ブラケットを本体から取り外します。
    • ステップ15 バッテリーコネクタ取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 プラスチックツールの後ろ側を使用し、バッテリーのコネクタ部分を本体から取り外します。 この際に、ロジックボードに付いているソケットごと取り外さないように注意をしてください。
    • ステップ16 タブ取り外し

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 バッテリーとヘッドホンジャックの間にプラスチックツールを走らせ、その部分についているタブを取り出していきます。 プラスチックツールで浮かせた後は、ピンセットで中のタブを取り出していきます。
    • ステップ17 タブ切断

      ステップ4 フロントパネル取り外し3 タブを取り出した後、ハサミでタブの中央部分のカットを行います。
    • ステップ18 タブ切断2

      ステップ5 フロントパネル取り外し4 切った片方のタブを持ち、上に力をかけ取り外しを行っていきます。
    • ステップ19 タブ切断3

      ステップ6 フロントパネル取り外し5 取り外しを行う際には、回転させずにフラットな状態で上に引き上げていってください。
    • ステップ20 タブ切断4

      ステップ7 ネジ取り外し 1 タブを順に取り外していきます。
    • ステップ21 フロントパネル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 順に取り外していきます。
    • ステップ22 ネジ取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 取り外しが完了となります。
  • iPhone5s ホームボタン交換 解説動画

    iPhone5s ホームボタン交換 解説写真

    • ステップ1 下部ネジの取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 修理を開始される前に、必ず本体の電源をお切りください。 ※)電源を切らずに作業されると、本体不良や思わぬ事故につながる可能性がございます。 iPhone下部・ドックコネクタの両側にあるネジを取り外しください。 (このネジは星形のドライバーにて取り外します。以後、星形のドライバーは利用致しません。)
    • ステップ2 フロントパネル取り外し1

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 吸盤をホームボタンのやや上に取り付け、取り外しを行っていきます。 フロントパネルは比較的開けるのに力を要しますので、しっかりと吸盤の取り付けを行ってください。 ※)フロントパネルが割れてしまっている際は、梱包テープなどを表面に貼り付け、空気が入らないようにしてから取り外しを行っていきます。
    • ステップ3 フロントパネル取り外し2

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 吸盤で取り付けを行い、上に力をかけていくと、iPhone本体とパネルの中間に若干の隙間が生じます。 iPhone下部左側(写真で言うと、下側)に、比較的隙間が生じやすいので、生じた隙間にプラスチックツールを差し込みます。 このステップでは、写真程度の隙間を浮かせることを念頭に作業を行ってください。 【注意】 次のステップで内部のケーブルなどを取り外していくため、無理に取り外しを行うと破損の可能性がございます。 慎重に作業を行ってください。
    • ステップ4 フロントパネル取り外し3

      ステップ4 フロントパネル取り外し3 この段階では、フロントパネルと本体側にケーブルがつながっているため、完全にはバックパネルから取り外しません。 この時点で吸盤を利用することはなくなりますので、吸盤の端の突起物から吸盤を取り外していきます。
    • ステップ5 フロントパネル取り外し4

      ステップ5 フロントパネル取り外し4 フロントパネルを写真程度浮かしますと、中にホームボタン用のケーブルが見えてきます。 隙間からプラスチックツール・ピンセットを差し込み、取り外しを行っていきます。
    • ステップ6 フロントパネル取り外し5

      ステップ6 フロントパネル取り外し5 コネクタを取り外した後、より開いていきます。 この際に、iPhone上部はまだケーブルが繋がれておりますので、写真のようにiPhone下部のみを浮かし90度にするようにします。
    • ステップ7 ネジ取り外し1

      ステップ7 ネジ取り外し 1 フロントパネルを手で支えながら90度にした状態で、左のネジを取り外していきます。  1.7mmネジ × 2  1.2mmネジ  1.3mmネジ ※)後ほどネジを戻すときのために、必ずそれぞれのネジを戻す場所を正確に記録しておいてください。 組み立ての際にネジの取り付け場所を間違えてしまうと、ロジックボードにまでダメージが及んでしまい、iPhone自体が壊れてしまいます。
    • ステップ8 プレート取り外し

      ステップ8 プレート取り外し ネジ取り外し後、ケーブルブラケットを取り外します。
    • ステップ9 ケーブル取り外し

      ステップ9 ケーブル取り外し フロントカメラセンサーケーブルを取り外していきます。
    • ステップ10 デジタイザーケーブル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し デジタイザーケーブルを取り外します。
    • ステップ11 LCDケーブル取り外し

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 LCDケーブルを取り外します。
    • ステップ12 フロントパネル取り外し

      ステップ1 下部ネジの取り外し 全てのケーブルが外れていることを確認し、フロントパネルをリアケースから取り外します。
    • ステップ13

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 ホームボタンケーブルを固定している左のネジを取り外します。 ネジがホームボタンのパーツと一体となっているため、固定されている部分からのみ取り外し、 他のパーツと一緒に付いたままの状態にします。 ※)互換パーツをご利用の際は、このネジの部分がございません。 特に問題はないので、そのままお戻しください。
    • ステップ14

      ステップ1 下部ネジの取り外し ネジを回し終えます。
    • ステップ15

      ステップ2 フロントパネル取り外し1 プラスチックツールを利用し、ホームボタンケーブルを手前側に外していきます。
    • ステップ16

      ステップ3 フロントパネル取り外し2 写真の位置にまでケーブルを動かします
    • ステップ17

      ステップ4 フロントパネル取り外し3 ホームボタンブラケットをとめている下記2つのネジを取り外します。
    • ステップ18

      ステップ5 フロントパネル取り外し4 ネジを取り外した後、ホームボタンブラケットを本体から取り外します。
    • ステップ19

      ステップ6 フロントパネル取り外し5 写真において、ホームボタン右側のケーブル部分の下にプラスチックツールを潜り込ませ、徐々に浮かせていきます。
    • ステップ20

      ステップ7 ネジ取り外し 1 徐々に部品を取り外していきます。 ※)ケーブルにキズがつきやすい部分であるため、丁寧に作業を行います。 また、この時点ではまだホームボタンの取り外しは行いません。
    • ステップ21

      ステップ7 ネジ取り外し 1 ホームボタンに付随する部分が全てパネルから取り外されていることを確認し、ホームボタンをフロントパネル表面から押し上げていきます。 この際に、左側から押し上げていくと、他の部分に干渉を受けず開けやすくなります。 この時点ではホームボタンは全て外さず、プラスチックツールを入れるための穴を開けることを念頭に押していきます。
    • ステップ22

      ステップ7 ネジ取り外し 1 ホームボタンの上に、ひっかけられるポイントが出来た段階でプラスチックツールを差し込みます。 差し込んだ後、手前側に引き上げていき、ホームボタンの取り外しを行います。
    • ステップ23

      ステップ7 ネジ取り外し 1 以上でホームボタンの取り外しが完了します。
    • ステップ24

      ステップ7 ネジ取り外し 1 ホームボタンガスケット(ボタン周囲に付いているテープのようなもの)の移設を行います。 両面テープがついているため、ピンセットにより端から外していきます。 ※)ガスケットは極めて薄く弱い素材になっておりますので、はずれにくさを感じられたら ドライヤー等で温めてから外すようにしてください。
    • ステップ25

      ステップ7 ネジ取り外し 1 図のように取り外しを行っていきます。
    • ステップ26

      ステップ7 ネジ取り外し 1 ガスケットの取り外しを行った後、図のようにケーブルをたどって取り外しを行います。 その後、新しいホームボタンに取り付けを行います。

iPhone5s 関連Q&A

いつごろ発売したモデルになるの?

2013年9月20日に発売したモデルとなります! iPhone5の発売で、スマートフォン業界における不動の地位のような物を 気づきあげたappleは、次世代機種のiPhone5sを発売します。 廉価版である5cと同時発売だったため販売数はそれほど爆発的には伸びませんでしたが、 それでも先進国を中心に売り上げランキングトップの記録を取り続けます。 日本においては、今までiPhoneを提供してきたau・softbank以外に、初めてドコモからの発売となりました。 MNPなどに抵抗のある既存のユーザーを囲い込むことによって、3つのキャリアそれぞれで確実に売上台数を伸ばしました。

新しい機能は何がついたの?

指紋認証機能の搭載が挙げられます! iPhone5sからついた新しい機能としては、やはり指紋認証を抜きに語ることは出来ません。 発売以前からライフハック系のブログなどで盛んに取り上げられていましたが、 しっかりと実装され、セキュリティの新しい時代の一部分を見せてくれました。 また、日本国内においてSIMフリーモデルが初めて発売したのもこちらの機種からになります。 日本国内では、過去様々な業界の縛りなどがあり、海外では一般的になっているSIMフリーモデルの発売を行うことが出来ませんでした。 しかし、各所からの批判の声が高まり、ようやく5sから可能になったのです。

OSにはどんな変化が起きたの?

フラットデザインへの変化が行われました iPhoneに搭載されているOSである、iOSにおいて、当機種から重大なデザイン変更が行われました。 それが、今までの立体的なデザインであるスキューモーフィズムからフラットデザインへの移行です。 今まで、iPhoneのアプリにおいては立体的なアイコンがメインとして採用をされていました。 しかし、このような立体的なアイコンだと、大型画面のiPadなどで写した際問題が生じやすいという状態になっていたのです。 それを解決するために、iOS7では平面的なデザインであるフラットデザインが採用されるようになりました。 また、コントロールセンターなどにおいても細かい変更が行われ、より直感的に操作ができるスマートフォンに進化をしていきました。


PAGETOP