• home
  • 初めての方へ
  • 料金表
  • 宅配修理
  • お問い合わせ

機種別
ボタン(iphone6s)
ボタン(iphone6)
ボタン(iphone5c)
ボタン(iphone5s)
ボタン(iphone5)
ボタン(iphone4s)
ボタン(iphone4)
故障別
ボタン(フロントガラス)
ボタン(バッテリー)
ボタン(バックプレート)
ボタン(ホームボタン)
安心サービス100日間保証

店長あいさつ

当店にお越しいただきましてありがとうございます! 自分で修理.com店主の吉田でございます。 弊社では、お客様がより快適なiPhoneライフを実現するための、 修理パーツの販売を行なっております。

楽天ID決済
amazon ペイメント
初めての方はこちら
スペシャルキットはこちら
部品単品販売はこちら

メディア掲載実績

iPhone6s 修理メニュー

iPhone6 修理メニュー

iPhone5s 修理メニュー

iPhone5 修理メニュー

iPhone4s 修理メニュー

iPhone4 修理メニュー

相互リンクサイト

商品カテゴリ一覧 > 部品別 > iPhoneバックパネル交換

iPhoneバックパネル交換

iPhoneバックパネル交換
iPhone5S 12,800円(他店) → 6,980円
iPhone5 9,800円(他店) → 5,980円
iPhone4S 4,800円(他店) → 2,980円
iPhone4 4,800円(他店) → 2,980円

iPhone5S バックパネル交換

iPhone5S バックパネル交換
    • ・動画解説はこちら(工事中)
  • 商品詳細

    iPhone5 バックパネル交換

    iPhone5 バックパネル交換
    • ・動画解説はこちら(工事中)
  • 商品詳細

    iPhone4S バックパネル交換

    ]

    iPhone4 バックパネル交換

    バックパネル交換に関するQ&A

    • バックパネルの修理って簡単なの?
    • 4・4Sは極めて簡単に交換が可能です!
      iPhone4・4Sのバックパネルは、本当に外すだけで修理が可能なので、全修理の内最も簡単な修理と言っても過言ではありません。 しかし、5になると既存で付いている部品を全て外してからの修理になるため、かなり難易度が上がります。 購入の前に動画を確認し、出来そうかどうかを是非確認してみてください。

    • バックパネルはモデルチェンジをしてきたの?
    • バージョンの変更ごとに大きな変化を起こしてきました!
      初代のiPhoneから現時点で最新のiPhone5Sに至るまで、バージョンの変更ごとにバックパネルの形も変えられてきました。 特に、目を引く変更としては、やはり4S〜5にかけての変更だと言われています。材質が変更したことにより飛躍的に強度がアップ。 その結果、破損するリスクが極めて減少しました。

    • 5でモデルチェンジをした理由は何かあるの?
    • デザイン面だけでなく、電波干渉などの理由もあると言われています!
      5のバックパネルを見て頂くと、上と下の部分だけ材質が違っていることにお気づきになるかと思います。 これは、iPhponeの電波を良くするための設計だと言われています。iPhone4の頃より、アップルは電波の問題に悩まされてきました。 強度を考えてアルミニウムなどの素材を使った場合、電波は犠牲になってしまいます。そこで出された解決策というのが、 そちらのデザインになるわけです。中央部分に電波を通しにくく強度の高い素材を配置し、上下には電波を通しやすい素材を配置しています。 その結果、電波環境の改善が出来たとのことです。

    ケースは高いものを購入した方がいい?

    iPhoneを購入した際には、しっかりとしたケースを同時購入することをオススメしております。
    それにはいくつかの理由があるのですが、最大の理由としては、その値段にあります。

    ケースに関しては、安いもので数百円から、高いものでは大体1万円前後を出せば購入することが可能です。 しかし、基本的に新しい機種でiPhoneを修理しようと考えると、フロントパネルの場合25000円近くかかってしまいます。もちろん、保険などに入っていれば金額を抑えることは可能になるのですが、それでもかなり高額な金額がかかってきてしまいます。 将来に対する保険として考え、しっかりとケースはいいものを購入していきましょう。