• home
  • 初めての方へ
  • 料金表
  • 宅配修理
  • お問い合わせ

商品カテゴリ一覧 > iPhone機種別修理 > iPhone6s修理

iPhone6s 画面、バッテリー交換

フロントパネル交換 19,800円(他店) → 6,980円
バッテリー交換 9,800円(他店) → 2,980円

iPhone6s

iPhone5s
iPhone5s フロントパネル交換
iPhone5s バッテリー交換
iPhone6s すべてを見てみる

iPhone6sお役立ち情報

  • iPhone 6sとは?
  • カメラ性能と強度がアップ!
    日本では2015年9月25日に発売された第9世代目のモデルがiPhone6s。iPhone6同様4.7インチのディスプレイであるが、ボディーには7,000系アルミニウム合金を使用。強度が増して破損の心配も減りそう。 モバイルOSは「iOS 9」,モバイルCPUは「A9チップ」が搭載。メインカメラ(iSightカメラ)は今までの800万画素からiPhone6sで1,200万画素へ。また、フロントカメラ(FaceTimeカメラ)も、120万画素から500万画素へと性能は大幅アップしました。

  • iPhone 6sのバッテリー容量が減った?
  • 容量は減ったが性能に影響なし!
    iPhone 6sの内臓バッテリーの容量は、1,715mAhで、iPhone 6のバッテリー容量(1,810mAh)より、約5%容量が少なくなりました。しかしながら、スペック上の駆動時間は同様で、省電力化によってより少ない容量で賄えるようになっているようです。但し、充電式バッテリーは消耗品で、耐用年数 に限りがあり、容量とパフォーマンスは経年で低下して交換が必要になることには変わりありません。

  • iPhone 6sの画面の強度が増した?
  • 割れにくい素材を採用
    iPhone 6sの液晶ガラスは、特殊な製法を使っていて「分子レベル」で強度が増したとのことです。公式ページには「スマートフォン業界の中で最も丈夫なガラスが生まれた」と謳っています。しかしながら、いくら画面の強度が増したからと言って落下によるリスクは避けられない場合あります。

発売前後の出来事

過去、iPhoneの発売日というのはお祭り騒ぎのような状況になっているのですが、iPhone6sに関しても類にもれず、テレビなどで連日かなりの報道がされていました。連日大賑わい!というようなポジティブな出来事だけではなく、中国からの窃盗団がiPhoneを手に入れに携帯ショップを狙ったりなど、相変わらずの問題というのも発生しております。

また、過去の発表との大きな違いとして上げられるのが「apple watch」の発売になります。今までは、そろそろ発売すると言われていても、結局は先延ばしになっていました。しかし今回は、正式な発表ということもあり、かなり好意的な目で迎えられました。実際の発売は発表から半年程度後の翌年になるのですが、appleファンの期待に答えた素晴らしいデバイスとなっておりました。

現在登録されている商品はありません